FC2ブログ

記事一覧

ナゲット作り

小林です。
皆さんもやっておられると思いますが、ガラスのかけらを高温で焼成すると、くるりと丸くなります。ナゲットといいます。マックナゲットと同じです。写真のものは、だいたい2~3mm程度の大きさです。これくらいだと、かなり球に近い粒粒ができます。大きくなってくると、ガラスの重さで、へしゃげてお餅のような形になります。あまり大きくなると、ナゲットというより、溶けたチーズ的なものになります。10mmくらいまでが粒粒感があって楽しいですね。小さなのは、板ガラスでも小さな四角にカットして、焼けばきれいに粒になります。少し大きなものは、大きめのいたからだと丸くなりにくい場合があるので、小さな板を2枚重ねて焼くときれいに丸くなります。とがったかけらから少しとがった粒粒を作るのもまたいいですね。カラフルなつぶつぶをたくさん用意すると、子供さんなどがわくわくして制作します。大人もですが。できた粒粒を洗うとき、お米を洗うみたいでたのしいですね。
18020302.jpg 18020401.jpg 18020601.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garakentubu

Author:garakentubu
カトレアガラスクラフト研究会は、ベネチアンガラスを使用したガラスフュージングを行うインストラクターの研究会です。
このブログは研究会の会員有志が運営しています。
会員の方も非会員の方もぜひご覧ください。
非会員の方にも、ベネチアンガラスやガラスフュージングに興味を持っていただけたら嬉しいです。

最新コメント