FC2ブログ

記事一覧

セラボード

こばやしです。
厚手のセラボード。セラミックスの繊維でできた軽くて丈夫なボードです。いろいろと便利ですね。ガラスフュージングには欠かせません。

いろいろ使い道はありますが、まずは、ガラスの焼成時に、ガラスを乗せて焼く台に便利です。軽くて丈夫ですし、途中で炉から出したり入れたりするときは、アルミナなどの重い板は使いにくいですし、割れるリスクもあります。セラボードは割れないので安心です。

ただ、繊維でできているので、使っているとだんだん、表面がはがれてきて、ざらざらになり、小さなでこぼこが出来てきます。ガラスの裏面をつるりと仕上げたいときには少し困ります。また、表面から繊維の屑がほこりとなって出てきます。

この欠点を補うために、ある方法を試しました。セラボードの表面に、離型剤を塗布して一度焼成します。こうすることで、セラボードの表面がつるんとした面になりますし、何度も使っても、表面が荒れてきにくくなります。ほこりも断然少なくなります。

離型剤は、粉末のもので、水で溶いて使うタイプです。

離型剤を塗っているので離型紙は不要かもしれませんが、私は離型紙も使います。

離型剤を塗ってから一度焼成する必要がありますが、裏表同時にはしにくいので、2回に分けて塗布と焼成をすると、両面が長持ちします。側面も塗っておけばさらにいいでしょうね。いちど試してみてください。

17082802.jpg

17082803.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

garakentubu

Author:garakentubu
カトレアガラスクラフト研究会は、ベネチアンガラスを使用したガラスフュージングを行うインストラクターの研究会です。
このブログは研究会の会員有志が運営しています。
会員の方も非会員の方もぜひご覧ください。
非会員の方にも、ベネチアンガラスやガラスフュージングに興味を持っていただけたら嬉しいです。