記事一覧

出張講習

こばやしです。
今までカルチャースクール等の、出張講習会には、電気炉は持参し、その場で焼成し、徐冷して作品を持ちかえっていただく方式でした。メリットは、その場で作品が焼き上がるので、生徒さんの感激が溢れます。また、その日にすべての作業がおわるので、帰ってからの作業がほとんどありません。
しかしながら、その場で焼くとなると、時間と人数に制限があるのと、急ぐと割れるリスクが高くなり、作品も大きなものはできません。
昨年から、この方式をやめて、制作した作品は、工房に持ち帰り、焼成し、後日のお渡しの方式にしました。この方式だと、人数もかなり多くできますし、作品数や大きさもある程度自由です。電気炉も不要なので搬入搬出がかなり楽になりました。制作時間もゆっくり取れます。ただ、作品を持ち帰ってからの、作業がとても大変です。焼成からアクセサリーに仕立てるところまでしなければなりません。助手がいれば助かりますがいるわけありません。
あと大事なことは、どれが誰の作品か間違えないことです。最初に名前の書かれたすべての作品の写真を撮っておきます。これをしないとえらいことになります。
夏休み、子供講座が3回ほどあります。今回は大阪のカルチャースクールでの講座です。今回も、25名満席です。25人というとちょっとした学校の教室並みですね。ベネチアンガラスの講座とあって、受講生は9割が女の子でした。隣の部屋では電子工作が開講されていて、そっちは男子が多いみたいです。秋には大人の講座をさせていただく予定です。
17080501.jpg 17080502.jpg 17080503.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garakentubu

Author:garakentubu
カトレアガラスクラフト研究会は、ベネチアンガラスを使用したガラスフュージングを行うインストラクターの研究会です。
このブログは研究会の会員有志が運営しています。
会員の方も非会員の方もぜひご覧ください。
非会員の方にも、ベネチアンガラスやガラスフュージングに興味を持っていただけたら嬉しいです。

最新コメント