記事一覧

展覧会2つみました

小林です。展覧会を二つ見てきました。一つは、ぷりてぃさんが紹介してくれたガラス展。兵庫県伊丹なので関西の方はぜひ。一つ目。ITAMI GLASS COLLECTION伊丹市立工芸センターで。8月13日まで。入場無料。美術館のガラスのコレクションの展示です。国内外の様々な技法のガラス作品が展示され大変見ごたえありました。二つ目。棚田康司×OJun 展伊丹市立美術館で。開館30周年記念展。8月27日まで。\800作家の公開制作もあります。...

続きを読む

アボカドの水栽培

こばやしです。自分のブログに紹介した記事から、アボカドの種の水栽培の仕方を紹介しますアボカドの種をきれいに洗います。種の底の部分に十文字に深く切れ込みを入れます。種は、結構固いので、ナイフの扱いには気を付けてください。ナイフの刃の下に決して指を入れないこと。ナイフの刃を抜くときも気をつけましょう。タオルなどにくるんで処理しましょう。爪楊枝を四方に突き刺します。少し上向きにさすと、本体が水につかりや...

続きを読む

これはなんでしょう?

こばやしです。皆さん、ガラスを焼成するとき、離型紙を下に敷きますか。便利な離型紙。毎日お世話になっています。ところで、焼成中に、離型紙の端がめくれ上がることはないですか少しめくれ上がるだけなら問題ありませんがめくれ上がってくるりとガラスの上にまで巻き上がるとそのまま、きれいなガラスの上に乗っかり溶けたガラスに、離型紙の跡がついたりすると「この離型紙のバカ!」と叫びます。そんな経験をすると、次からは...

続きを読む

カルロ・モレッティ東京

ぷりてぃです。朝、ふらりと銀座を歩いていたら発見しました。 こんなところにベネチアンガラスの店があったんですね。残念ながらまだ開店前でしたが、ウィンドウのディスプレイだけでも素敵でした。 カルロ・モレッティ東京〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル1Fhttp://www.carlomoretti-manak.jp/...

続きを読む

ガラスのボトルの切り方

小林です。私自身のブログで紹介しました、ガラスのボトルの切り方ガラ研のつぶやきでも紹介させていただきます。ほとんどのボトルがこの方法できれいに切り取れます。口に近い細い部分も切れます。まれに、切りたいところで切れない場合があります。使用済みのボトルの再利用にお試しください。①切りたい部分に、マスキングテープを2本貼ります。②カラスカッターでテープの間に線を入れます。③ろうそくの炎で、ゆっくり熱します。...

続きを読む

プロフィール

garakentubu

Author:garakentubu
カトレアガラスクラフト研究会は、ベネチアンガラスを使用したガラスフュージングを行うインストラクターの研究会です。
このブログは研究会の会員有志が運営しています。
会員の方も非会員の方もぜひご覧ください。
非会員の方にも、ベネチアンガラスやガラスフュージングに興味を持っていただけたら嬉しいです。

最新コメント

月別アーカイブ